ソフト闇金とはどのような仕組みでしょうか。
実はそのまま言葉通りの意味です。

ソフトな闇金というわけです。
闇金とは出資法に違犯して人に貸し付けを行っている業者のことを指していますが、

ソフト闇金は利用者への対応をソフトに行う違法業者のことです。

みずからをソフト闇金と表現していることから、

違法性についてははっきりと認識しています。

金融庁にも登録していないわけですよね
インターネット上にサイトをワードプレスで構築して、サイトやSNSで集客したり

個人融資ということで営業していたり、ファクタリングということでも営業しているみたいです。

あとは 個人事業・法人さんに対しても 低金利の貸し付けということで営業しているみたいです。
インターネット上では自分たちの身元を知られないようにすることが比較的簡単で 海外サーバー 匿名ドメインを利用しているみたいです
会社名や電話番号など個人や住所を特定できるような記載はまったくありませんし、記載されていたとしても完全にでたらめです。

このようなサイトが存在していることからわかるようにインターネットには多くの危険が潜んでいることがわかります。
ソフト闇金に記載されている内容を紹介しましょう。
まず、金利の例ですが、10日で10-20%です。
返済できなければ30%の損害遅延金となっています。
この記載だけで違法性は明白なのですが、それを当たり前のように書いていることが大きな問題でしょう。
しかし、現実にはソフト闇金を利用する人がいます。
それだけお金に困っているということでしょうか。
それとも、出資法をまったく知らないのでしょうか。
利用者についての問題点も少なくありません。
インターネットに接続できる環境を持っていながら、ソフト闇金の違法性や危険性について情報を収集できない人がほとんどということです。
年利20%を超えることは違法ですし、貸金業者としての登録をしないことも違法です。
つまり、サイトに記載されていることのすべてが違法となっているのです。
このような業者を信用することができるはずもないでしょう。
しかし、電話をかけてみると意外と人当たりのいい対応をしてくれます。
これが大きな落とし穴になっているのです。
人が冷静な判断をするためには一定の条件があると言われています。
ソフト闇金を利用するのはお金に困っているからですが、それよりも大きな原因は判断力を失ってしまうことがあることです。
法律に詳しく、ソフト闇金が違法な利息を取っているとわかっていても、被害がなくならない理由はそこにあります。